離婚弁護士徹底比較-離婚に強いおすすめ弁護士をご紹介!

top > 弁護士情報 > 相手が依頼しているなら自分も離婚弁護士を依頼

相手が依頼しているなら自分も離婚弁護士を依頼

 夫婦であればお互いのことはそれなりに知っているはずです。法的な知識を持っているかどうかぐらいはわかるでしょう。日常的に法律の仕事をしていない限りにはなかなか法律の知識を持つことは難しいです。財産や親権のことなどは法的な知識が重要になります。離婚をするにあたって、相手がすでに離婚弁護士に依頼をしている場合があります。相手から調停の申し出があったとすれば、すでに依頼をしている可能性があります。その時、何も知らない状態で調停に行けば、自分の意見が通らない可能性があります。
自分の意見を通すためにも、自分自身も依頼をした方がいいでしょう。調停があることがわかったらすぐに検討しないといけません。調停には行かないこともできますが、行かなければ相手の意見で話が進められ、心象はよくありません。印象をよくするためにもサポートしてもらう必要があります。


調停委員に負けないために離婚弁護士に依頼

 離婚をするには、双方の話し合いで解決できないときは調停に向かいます。調停は裁判所で行いますが、裁判とは異なります。調停委員がそれぞれと面会をして、意見を聞きます。その意見から世間一般的に適切である条件が提案されます。勘違いしやすいのは、調停案は必ずしも受け入れる必要がないことです。裁判所で行っているために、裁判のように感じることがあります。
調停委員の方からも説得されることがあり、自分の意見を曲げてしまう場合があります。受け入れてしまうと、裁判での判決と同じ効力を持ちます。離婚弁護士に依頼をすれば、調停委員に負けない対応ができます。まずは自分の意見や自分の有利になるような対応が必要です。もし不利な調停案が出たとしても、それを簡単には受けないような対応をします。取り返しのつかない状況を避けることができます。


離婚弁護士に依頼をして話を早く進める

 離婚の話が出たからといって、最終的に離婚になるとは限りません。ただ、だらだらと話をするのはあまりよくありません。離婚の理由がはっきりしていて、将来的にもその問題が無くならないのであれば、離婚になる可能性は非常に高くなります。問題は離婚をするのにどれくらいの時間がかかるかです。早ければ1日もかかりません。でも金銭的な部分でもめたりすれば非常に時間がかかることもあります。素人同士が話をしていても先に進むことがなく、自分自身もどんどん年を取ることになります。離婚弁護士に依頼をすれば、話を早く進められる可能性があります。早く離婚が成立すれば、次の生活に写ることができます。再婚をするにしても、女性の場合は一定期間はできない場合があります。遅れれば遅れるほど次のことがしにくくなります。長引けば精神的な疲れもたまります。

次の記事へ